HOME > 脱世間起業の実例1

脱世間起業の実例1

 

aonatureリトリート
山茶花さん

山の写真

Photo by 山茶花


 

超初心者向け「日帰りリトリート」という新ジャンルを開拓

 
当塾の受講生山茶花さんが開業したのは「aonature(アオネイチャー)リトリート」という超初心者向けのリトリートサービスだ。
 
リトリートとは、ふだんの生活から離れ、山や海などの自然のなかに泊まり込み、非日常的なゆったりとした生活を送ることで心身をリラックスさせること。
 
そのなかでも「ひとりの自分の時間」を大切にすることができるのがaonatureリトリートのもっとも大きな特徴の一つと言えるだろう。
 
山茶花さんは、その特徴を次のように説明する。
 
「aonatureリトリートは、少人数で、しかも集団が苦手な方でもリラックスできるよう配慮しておこないますので、自然のなかでゆったりと本来の自分をより感じることができ、心地よい人生へとつながるのではと思っています。」
 
たしかに、リトリートと言うと、自然のなかで集団で輪になり、お互いの悩みや苦しみを自己開示して・・・といった濃密なコミュニケーションのイメージがある。
 
それがどうしても苦手で参加をためらう人も多いだろう。
 
そこに目をつけ配慮されたリトリートサービスは、潜在的に求めている人が多いはずだ。
 
また、巷で提供されているリトリートサービスは、参加費が高く日程も長期間であったりと、ハードルが高く手が届きにくいものがほとんどだ。
 
aonatureリトリートは、ここにもしっかりとした配慮をいきわたらせている。
 
「aonatureリトリートは、よりハードルを下げて、日帰りリトリートにしたり、参加費も良心的な設定にしました。また、気軽に歩くことができる森を選んだり、ヨガや瞑想なども丁寧に進めていきます。」
 
まさに、超初心者で一人の時間を大切にしたい人のかゆいところに手のとどく新ジャンルの登場と言えるだろう。
 
ちなみにaonatureの「ao」とは、ニュージーランドの先住民マオリの言語で「雲」という意味だという。
 
風に流される雲のように、自然に自分をゆだねることで、少しでも人生が楽になるように。
 
そんな山茶花さんの優しい心遣いが、屋号のなか込められている。
 
海の写真

Photo by 山茶花


 

「トンネルのなかにいるようなつらい経験」を起業に活かした

 
山茶花さんは、どうして脱世間起業をしようとしたのだろうか?
 
そこにはご自身が深く苦しんでき経験があった。
 
これまでの人生で、どのように生きていったらよいのかわからなくなり、途方に暮れ、トンネルのなかにいるようなつらい時期もあったという。
 
「どうにかして楽に生きられるようになりたいと、さまざまな分野で学びをつづけてきました。その軌跡、学びを、今生きることがつらくしんどい思いをされている方に届け、生きることのお手伝いをさせてもらいたいと、その実現のため模索をつづけているときに、脱世間起業塾に出会いました。」
 
ご自身の経験を同じ苦しみをもつ方のために活かしたいという願いと、脱世間起業塾のコンセプトがピッタリだったという。
 
そんな山茶花さんが起業してよかったと思うことは、自分にしかできない起業の道を開いたことだという。
 
「今、生きることがしんどい方への道がつながり、これまでの経験がお役にたてるかもしれない。そんな機会をいただいたことがありがたく、幸せなことだと思います。」
 
山茶花さんは今、自分の人生が愛おしく思えているという。
 
滝の写真

Photo by 山茶花


 

精神的にも金銭的にも、起業のリスクはほとんどなかった

 
山茶花さんは起業を計画していた頃、いわゆるビジネスライクな起業しか頭になかったそうだ。
 
「ですが、脱世間起業してみたら、精神的にも金銭的にも負荷もかかってないですし、ほとんどリスクがないですね。」
 
脱世間起業塾がもっとも大切にしている信念は「負えるリスクの範囲で起業する」だが、それがまさに体現されたかたちだ。
 
しかし、起業中に苦労したことはなかったのだろうか?
 
「アナログ人間でこういうのにはめっぽう弱いのでWEBサイトづくりは苦戦して、しのぶさんにヘルプを求めたこともありますね。」
 
デジタルの作業が苦手で苦労しつつもそれを乗り越え、山茶花さんは見事「自分一人」でWEBサイトをつくりあげた。
 
「起業したいプログラムについては、しのぶさんに密に校正していただいていたので、セミナーを修了したときにはほぼ(WEBサイト)の中身はできあがっていましたので、最初にWEBサイトづくりに取りかかりました。」
 
『わたし時間プロデューサー』という素敵な肩書も、講師とのやりとりのなかで生まれてきたという。
 
「わたし時間」という言葉からは、一人ひとりの人生を大切に思う、山茶花さんの優しさが伝わってくる。
 
そんな山茶花さんの目標は、やっぱりとても優しい。
 
「いつでもここにいるよ、いつでも来てね、と温かいお茶をお出しするような、そんな存在になれたらと思っています。それぞれの幸せ、至福のカタチを描いていくお手伝いができたら、こんなうれしいことはないですね。」
 
これからも山茶花さんは、aonatureリトリートを利用した方たちの心のなかに、いく千もの花を咲かせていくのだろう。
 
Adic Salonなら山茶花さんのインタビュー全文が読めます!
LinkIconAdic Salonの詳細を見る
 


山茶花(さざんか)プロフィール

 
わたし時間プロデューサー。
自分自身の心地よい生き方を求めて、森歩き、旅、瞑想、ヨガ、心理学、グループワーク、ライアー等、長年に渡り幅広く研鑽を積む。
その経験を活かし、「なんだか疲れてしまった」「自分の人生を考えたい」「一人の時間を作りたい」「自然の中でゆっくりしたい」という方のために、心地よい時間を提供し人生をサポートするために、超初心者はじめてさんのための新しいリトリート、「aonatureリトリート」を主宰。
森林セラピーガイド
全米ヨガアライアンス200時間TT修了
社会福祉士
aospirit 代表
WEBサイトはコチラ
 


山茶花さんの受講した講座

 
LinkIcon脱世間起業スタートアップセミナー
 
LinkIcon脱世間起業実践!集中連続セミナー
 


 
Brain with Soulは通信を暗号化し、ご相談者様の大切なプライバシーを保護しています。